知っておこう!心療内科を選ぶ4つのポイント

sutoresu.net

心療内科を選ぶ際には、症状の原因を追求することがポイント

良い心療内科を見つける!

ストレスが重くなる前に、早めに心療内科を受診しましょう。心療内科を受診する際には不安なことが多くあると思います。しかし、良い病院を見つけることで、良い治療を受けることができます。なので、心療内科の選び方を確認しましょう。

心療内科に行く前に確認しておくこと

  • 症状の確認
  • どのような経過なのか
  • 生まれや幼少期、学歴など
  • 家庭環境や生活習慣
  • 仕事環境

知っておこう!心療内科を選ぶ4つのポイント

診察室

診察時間の長い病院

心療内科を見分ける方法として最も有効的なのは、診療時間の確認です。他の病院と違い心療内科の場合には、診察が大切です。患者が訴えている症状の原因を突き止めるために、生活習慣・家族関係・職場環境などを詳しく知る必要があります。なので、浦和の心療内科で予約する際などに、診察に掛かる時間を聞き出しましょう。40分以上の診察時間を設けている病院が最適です。

ホームページの確認

心療内科を探す際には、ホームページを利用すると思います。その際に、ホームページの綺麗さや、情報量で良い病院か判断すると思います。しかし、ホームページは外部の業者に依頼いていることが多いので、ホームページの内容だけで決めるのは危険です。見た目に惑わされず、スタッフや院内の様子、治療内容を確認する手段として利用しましょう。

複数の治療を提案する病院

診察後に薬だけを出す医師がいます。しかし、ストレスや疲労が原因の場合は、薬だけでは一時的な改善しか見込めません。なので、症状の原因を掘り下げ、薬だけでなく生活習慣などで改善する方法なども提案してくれる医師を選びましょう。薬を利用しないことではなく、複数の治療方法を提案することがポイントです。

話を聞く姿勢

最近はカルテもデジタル化し、診察中にパソコンを見ている医者が多くなりました。患者の言葉を打ち込み、原因を追求することも大切です。しかし、きちんと患者の目を見て話を聞くことの方が心療内科では大切です。話を聞いて共感してくれたり、改善法を丁寧に説明してくれる病院を見つけましょう。

職場ストレスランキング

no.1

上司との人間関係

人間関係の中でも、上司との関係で悩んでいる人が最も多くいます。考え方や方向性が違う上司だと、評価をしてもらいにくく、仕事が上手く行きません。そういった時には、早めに人事移動を促しましょう。

no.2

同僚との人間関係

上司に引き続き、2位は同僚との人間関係によるストレスです。意見のすれ違いや昇進などが理由となります。そういった時には、しっかり飲み会などで同僚と話す機会を作るようにしましょう。

no.3

職場環境

職場の環境が悪いことでも、ストレスを感じている人が多いため、3位です。システム環境や空調の悪さなど、些細なことがストレスを原因になっているようです。会社側の環境整備の問題ですが、改善するためには、上司に相談しましょう。

no.4

個人評価

「自分は仕事ができる」と思っていても成果や評価に繋がらない場合に、ギャップを感じてしまい、ストレスを感じてしまう人も意外に多くいます。そういった場合は、上司とのコミュニケーションが大切です。

no.5

仕事内容

社会人になると、理不尽な仕事も増えます。仕事量が多く残業をしたり、急な仕事が入ったり、プライベートを削って仕事をしなければならないため、ストレスが掛かります。なので、できるだけ無理な仕事は断るようにしましょう。

広告募集中